AKMN369’s diary

岡田啓介第31代内閣総理大臣の現実。富山県氷見郡余川村。

夫は、藍沢謙太郎、藍沢明日香の実父、積木珠子の元夫、若年性認知症

夫は、藍沢謙太郎、藍沢明日香の実父、積木珠子の元夫、若年性認知症

 ※私は、夫の事を、広島原爆被災、ダウン症と今まで、言っていましたが、もっと、詳しく、言いました。

 『藍』の『沢』の『謙』の『太郎』、『藍』の『沢』の『明日』の『香』の『実父』、『積木』の『珠』の『子』の『元夫』、『若年性認知症』。ここまでクリア致すと、「わたしたちの教科書」の教えをクリア致せて、もっと奥の夫の神が下りてくると。

わたしたちの教科書
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 『わたしたちの教科書』(わたしたちのきょうかしょ)は、2007年4月12日から6月28日までフジテレビ系列で毎週木曜日22:00 - 22:54(JST)に放送された菅野美穂主演のテレビドラマ。全12話。初回のみ15分拡大して放送(22:00 - 23:09)。同年10月17日に『わたしたちの教科書 DVD-BOX 〜ディレクターズカット完全版〜』として販売される。

 脚本の坂元裕二は本作で第26回向田邦子賞を受賞。

ストーリー
 喜里丘中学校で、生徒・藍沢明日香が校舎4階から転落、死亡した。不登校気味の明日香をかねてより気にかけていた臨時教師・加地耕平は、明日香の義母・弁護士の積木珠子とともに、明日香が執拗ないじめを受けていたことに気づく。いじめを苦にしての自殺ではないかとの疑念を抱いた二人は、明日香の無念を晴らすべく事件の真相を明らかにしようとするのだった。

キャスト
主人公
積木珠子 - 菅野美穂
 30→31歳。クライサー法律事務所所属の、徹底した現実主義者の敏腕弁護士。ドライな性格で、3か月程度ともに暮らしただけの明日香へは無関心だった。転落事故を契機としてで明日香の苦境を知り、自責の念から事実を究明しようとする。明日香の復讐という個人的な動機で訴訟を起こしたが、やがていじめ問題全体にも関わるようになる。
喜里丘中学校が所属事務所に弁護を依頼したため、同事務所と対立する。告訴の意思を曲げなかったため解雇され、直之からも婚約を破棄される。同志であった耕平も離反してしまい孤立するが、法廷闘争を強行する。
 喫煙者であるが、人前ではあまり煙草は吸わない[1]。

生徒2年3組→3年3組
藍沢明日香 - 志田未来、小学生時:小野花梨
 13歳。積木珠子の義理の娘。家庭的に恵まれず、児童養護施設ひなぎくの家」で育つ。朋美とは幼少時からの親友。半年以上にわたり、クラスメイトから執拗にいじめを受けていた。校舎4階から転落して死亡、「転落事故」として処理される。死後、事件をうけたマスコミの中傷報道により、「悪質な非行少女」にされてしまう。その後は徐々に真実が明かされていくが…。

その他の登場人物
藍沢謙太郎 - 河原雅彦
 藍沢明日香の実父、積木珠子の元夫。訴訟の原告となる。ひそかに若年性認知症を患っており、持病への恐怖から失踪、珠子が明日香へ冷淡な態度をとる原因となるトラウマをつくる。ほとんどの記憶を失いつつも、娘のために原告になろうとする。

藍沢惣次郎 - 山本學
 藍沢謙太郎の父。事件報道の影響もあり珠子を忌避するも、息子・謙太郎の気持ちを汲み、息子に代わり法定代理人となる。

ツレがうつになりまして。
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 『ツレがうつになりまして。』とは、細川貂々が2006年3月に幻冬舎より出版したコミックエッセー。略称は「ツレうつ」。2009年5月にテレビドラマ化され、2011年10月には映画化される。続編として『その後のツレがうつになりまして。』を2007年11月25日に、完結編として『7年目のツレがうつになりまして。』を2011年9月7日に発表した[1]。

概要
 「スーパーサラリーマン」だったツレ(作者の夫)がある朝「死にたい」と真顔で言い出した。うつ病だった。売れない漫画家の妻(作者)と共に送る闘病生活を描く。

 自殺未遂、症状の改善、悪化などあらゆる出来事を決して固くない絵のタッチで表現するという内容、うつ病を「宇宙カゼ」と呼んだり、抑うつ状態の症状が現れている時に憂鬱をキャッチするアンテナが頭に現れているという独特の描写などがある。75万部を出版する[2]。

 作者は、うつに対する知識として「精神的に弱い人がなる」「神経症のようなもの」というイメージを持っていた。作者の周りの人の病気に対する知識の乏しさや誤解が多いと感じ、自分達の世の中にうつ病の事を広めたい、そしてツレが退職して退職金と失業保険を使い切り、作者の仕事が少ないという経済的理由も相まって出版社に企画を持ち込む。数社から「暗い」などとして断られるも、幻冬舎で発売が決まる[3]。

 2009年5月29日、6月5・12日の全3回、いずれもNHK総合で、金曜日の22:00 - 22:45に放送された。監修は精神科医野村総一郎が担当。一部に脚色が入っているが、原作者の意向も反映されている[4]。2010年5月28日にDVDが発売された。

キャスト
早川家
早川典子(てんさん):藤原紀香
早川明(ツレ):原田泰造ネプチューン

映画
 2011年10月8日から東映系で公開のハートフルドラマ。監督は『三本木高校、馬術部』の佐々部清。主演は『オカンの嫁入り』の宮粼あおい、『武士の家計簿』の堺雅人で、宮崎と堺が夫婦役で共演するのは大河ドラマ篤姫』以来2年半ぶりとなる。医療監修には精神科医院長の五十嵐良雄が勤めている[5]。この作品には原作者の細川貂々と夫の望月昭がカメオ出演している。

 キャッチコピーは「ガンバらないぞ!」「すこやかなる時も、病める時も、君と一緒にいたい。」。

 全国222スクリーンで公開され、2011年10月8、9日の初日2日間で興収1億2,696万1,600円、動員9万5,524人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった[6]。

キャスト
郄崎家
郄崎晴子 (ハルさん) - 宮粼あおい
郄崎幹夫 (ツレ) - 堺雅人

書誌情報
 いずれも幻冬舎幻冬舎文庫から出版されている。映画の原作の一つとなっている『イグアナの嫁』もここに掲載する。

ツレがうつになりまして。(単行本)2006年3月初版 ISBN 9784344011434
ツレがうつになりまして。(文庫)2009年4月初版 ISBN 9784344413023
その後のツレがうつになりまして。(単行本)2007年11月初版 ISBN 9784344014183
その後のツレがうつになりまして。(文庫)2009年4月初版 ISBN 9784344413030
7年目のツレがうつになりまして。(単行本)2011年9月8日初版 ISBN 9784344020467
イグアナの嫁(単行本)2006年12月初版 ISBN 9784344012684
イグアナの嫁(文庫)2011年4月12日初版 ISBN 9784344416581

イグアナの娘
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 『イグアナの娘』(イグアナのむすめ)は、萩尾望都による日本の漫画作品。月刊少女漫画雑誌『プチフラワー』(小学館)1992年5月号に掲載された短編作品。

 醜形恐怖症を題材とした作品であり、娘を愛することができない母親と母から愛されない娘、両者の苦悩についてファンタジーの要素を織り込んで描いた。

 1996年には菅野美穂主演でテレビドラマ化された。

ストーリー
 青島ゆりこの目には長女・リカの姿がなぜかみにくいイグアナに見えてしまい、どうしても愛することができずにいた。次女・マミは普通のかわいい人間の赤ちゃんに見え、そのため、ゆりこはマミを偏愛し、リカにはますます冷たく接する。 一方、リカ自身も鏡に映る自分の姿がイグアナに見え、自分がみにくいイグアナだから母親にも愛されないし、恋愛もできない、幸せになれないと思い込むようになる。

作品の背景
 作者は2歳で絵を描き、4歳で漫画や本を読み始めたが、母親が「漫画は頭の悪い子が読むもの」としかるので、漫画を読むのも描くのも親に隠れた行為だった。作者は母親にいつも「勉強しろ」と追いたてられ、成績の悪い子とは付き合うなとか、教科書以外の本は読んではいけないとか、また姉や妹と比較されては四六時中怒られていた[1][2]。成績の良くなかった作者はそれで家にいるのがつらく、また競争もいやで、漫画家になろうと思ったのも競争しないですむと思ったからということもある[1]。

 漫画家になり上京して独立住まいをするようになってからも、母親に対する反発は心の中に無意識にくすぶり続けた[3]。

 その後、1977年に定年になった父親を代表として会社を作ったが、両親との不和が高じて大げんかし、2年後に会社をつぶす。親との関係を見つめるため心理学を勉強し始め、内なる親から解き放たれるために、1980年に親殺しをテーマにした『メッシュ』の連載を開始し[4][5]、その流れを引き継ぎ、厳格だった母親との対立を基にして1992年に描いたのが本作品である[4][6][7]。

テレビドラマ版
 1996年4月15日 - 6月24日、テレビ朝日系「月曜ドラマ・イン」枠で放送。全11話。
平均視聴率11.5%、初回視聴率7.9%、最高視聴率19.4%(最終回)
 初回こそ7.9%と不振であったがその後着実に上昇を続け、最終回では同時間帯第1位となる19.4%を記録した。

登場人物
青島リカ - 菅野美穂 / 米澤史織(子供時代)

サブタイトル
各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 1996年4月15日 のろわれた誕生 今井和久 7.9%
第2回 1996年4月22日 わたし死にたい…… 8.1%
第3回 1996年4月29日 高原の夜、初めての…… 新城毅彦 8.1%
第4回 1996年5月6日 お母さんの秘密…… 9.2%
第5回 1996年5月13日 誕生日…母に捨てられたプレゼント 今井和久 11.5%
第6回 1996年5月20日 波紋、母が呼んだ家庭教師…… 10.0%
第7回 1996年5月27日 母の告白…あなたを殺したい! 新城毅彦 14.5%
第8回 1996年6月3日 永遠の友情、死、そしてもう一人の母 10.7%
第9回 1996年6月10日 幸せになる権利…… 今井和久 12.8%
第10回 1996年6月17日 悲しい家族旅行…… 新城毅彦 14.0%
最終回 1996年6月24日 お母さん! お母さん! ……おかあさん! 今井和久 19.4%
平均視聴率 11.5%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)

 ※これが、聖書の主なる神・主人に叛逆して、番頭ルーシェル・蛇と最初にセックスをした人類始祖エヴァの罪の実と。霊的穢れ。これと闘っているのが、ガブリエル、アベル、イエスキリスト、皇太子、菅直人、MNスポーツアナ。イスラームの天国の乙女として、自爆テロで死んだ雄(人類始祖エヴァは、外国で雄に性別変更している。)に、処女を奪われ続けて、返金致し続けていると。ファーストセックスで、処女と婚前セックスをした方々の未来。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。
 ファーストセックスで、処女と婚前セックスをして、尚かつ、結婚しなかった場合、これくらいの償いを、聖書の主なる神・主人にさせられると。番頭ルーシェル・蛇の罪、これくらい、有った。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。

 なお、ファーストセックスでなければ、単なる青林檎です。お給料なので。君が、非処女にした雌と結婚した方が、返金して、夫婦に成ったから。雌は、夫の子に成って、妻に成ったから。何故か?。雌は、夫の子に成らなければ、身体障害者に成ってしまうので、普通は、夫の子、妻に成る。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。

 夫の子に成らない雌は、隻眼とか、片腕が無いとか、片脚が無いとか、等々の身体障害者に成った。雄と。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。
 勿論、この自己判断・自己選択・自己責任を致す雌の方々も大勢いると。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。
 蛇・身体障害者・犯罪者・死刑囚の世界。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。

 これ程、世の中の聖書の主なる神・主人と番頭ルーシェル・蛇との闘いは続いているみたいです。だから、引き返す、悔い改めるか、それとも、それでも引き返さない、悔い改めないか?。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。