AKMN369’s diary

岡田啓介第31代内閣総理大臣の現実。富山県氷見郡余川村。

((((((日本の神の一覧))))))

((((((日本の神の一覧))))))

 ((((((日本の神の一覧

日本の神の一覧
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 日本の神の一覧(にほんのかみのいちらん)は、日本神話および神道の神や民俗信仰の神、その他の日本の宗教の神および日本に土着した外国の神の一覧である。

 ただし、仏教由来の神(-如来、-菩薩、-明王、-天)や習合神(-明神、-権現)はここには加えないので仏の一覧を参照。

項目の見方
神名(読み)(別表記、別名):⇒纏り(備考)
 下記の項目分けは便宜的なものである。神名の表記や読み方は一例であって同じ神でも様々な表記があることに注意すること。また、命(…のみこと)、尊(…のみこと)、神(…かみ、…のかみ、しん、じん)などの神号の部分は基本的に省略する。グループにある神(例:宗像三女神)などは括らず各カテゴリに並べる。神の数え方は「-柱(はしら)」。
編集の際には、ただ神命を記載するだけでなく“:”の後に簡単な紹介(祀られる神社や出典文献)を記載しておくと後の修正に困らない。

目次
1 日本神話由来の神
1.1 あ行
1.1.1 あ
1.1.1.1 あま・あめ
1.1.2 い・う・え・お
1.2 か行
1.3 さ行
1.4 た行
1.5 な行
1.6 は行
1.7 ま行
1.8 や行
1.9 ら行・わ行
2 陰陽道道教)の神
3 民俗信仰の神
4 主な人神、現人神
4.1 日本人
4.2 外国人
5 琉球の神
6 アイヌのカムイ
7 新宗教/その他の神
8 日本の神に付随する用語集
9 関連項目

日本神話由来の神
あ行

青沼馬沼押比売神(あおぬまぬおしひめ)
赤城大神(あかぎ)
浅間大神(あさま)
阿加流比売(あかるひめ)
飽咋之宇斯能(あきぐいのうしの
秋比売神(あきびめ)
秋山之下氷壮夫(あきやまのしたびおとこ)
阿久斗比売(あくとびめ)
阿邪美都比売命(あざみつひめ)
阿邪美能伊理比売命(あざみのいりびめ)
足柄之坂本神(あしがらのさかもと):坂の神 
味耜高彦根神、阿遅鉏高日子根神(あじすきたかひこね)
葦那陀迦神(あしなだか) :「古事記」にみえる女神。 大国主神の妹。
足名稚命、脚摩乳命(あしなづち):⇒脚摩乳・手摩乳
葦原色許男神(あしはらのしこお):⇒大国主
阿須波神(あすは)
阿曇大浜(あずみのおおはま):阿曇(あずみ)氏の祖
吾田媛(あたひめ)
阿比良比売命、吾平津媛(あひらひめ、あひらつひめ)
熱田大神(あつた):⇒天叢雲剣草薙剣)・三種の神器
阿曇磯良(安曇磯良)(あづみのいそら)
姉倉比売(あねくらひめ)
穴戸神(あなと)
あま・あめ
天津国玉神(あまつくにたま)
天津久米命(あまつくめ)
天津彦根命天津日子根命(あまつひこね)
天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひこひこなぎさたけうがやふきあえず):⇒鵜葺草葺不合
天津日高日子番能迩迩芸命(あまつひこひこほのににぎ):⇒瓊瓊杵
天津日高日子穂穂手見命(あまつひこひこほほでみ):⇒火遠理
天津日高彦瓊瓊杵尊(あまつひたかひこににぎ):⇒瓊瓊杵
天津日高彦火火出見尊(あまつひたかひこほほでみ):⇒火遠理
天津麻羅(あまつまら)
天津甕星(あまつみかぼし)
天照御魂神(あまてるみたま) :⇒天火明、天照大神饒速日など諸説ある
天照大神(あまてらす):⇒三貴子
天照国照彦天火明櫛玉饒速日命 (あまてる くにてる ひこ あめのほあかり くしたま にぎはやひ):⇒饒速日
天知迦流美豆比売神(あましるかみづひめ)
天石門別神、天石戸別神(あまいわとわけ)
天活玉命(あめのいくたま)
天宇受売命(あめのうずめ)
天表春命(あめのうわはる)
天之忍男(あめのおしお)
天之忍許呂別(あめのおしころわけ)
天忍日命(あめのおしひ)
天之忍穂耳命(あめのおしほみみ)
天之尾羽張神(あめのおはばり)
天迦久神(あめのかく)
天香山命(あめのかぐやま)
天香語山命(あめのかごやま):⇒天香山命
天之久比奢母智神(あめのくひざもち)
天之闇戸神(あめのくらと)
天児屋根命(あめのこやね)
天之狭霧神(あめのさぎり)
天探女(あめのさぐめ)
天之狭土神(あめのさづち)
天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)
所造天下大神(あめのしたつくらしし):⇒大国主
天下春命(あめのしたはる)
天手力男命(あめのたぢからお)
天種子命(あまのたねこ)
天之都度閇知泥神(あめのつどへちぬ)
天之常立神(あめのとこたち)
天鳥船神(あめのとりふね)
天羽槌雄命(あめのはづちお)
天一根(あめのひとつね)
天比登都柱(あめひとつはしら)
天日照命(あめのひでり)
天夷鳥命(あめのひなどり):⇒建比良鳥命
天日腹大科度美神(あめのひばらおおしなどみ)
天日槍命天之日矛(あめのひぼこ)
天日鷲命(あめのひわし)
天之吹男神(あめのふきお):⇒家宅六神
天両屋(あめふたや):⇒両児島
天太玉命(あめのふとだま):⇒布刀玉命
天之冬衣神(あめのふゆきぬ)
天火明命(あめのほあかり)
天穂日神、天之菩卑能命(あめのほひ)
天目一箇神(あめのまひとつ)
天之御影神(あめのみかげ)
天之甕主神(あめのみかぬし)
天道根命(あめのみちめ)
天若日子天稚彦(あめのわかひこ、あめわかひこ)
天之水分神(あめのみくまり):⇒水分神
天御虚空豊秋津根別(あめのみそらとよあきつねわけ)
天之御中主神(あめのみなかのぬし)
天八意思兼(あめのやごころおもいかね):⇒思兼神(おもいかね)
荒河刀弁(あらかとべ):紀国の国造
淡道之穂之狭別島(あわじのほのさわけしま)
沫那芸神(あわなぎ)
沫那美神(あわなみ)
阿波神(あんば)
い・う・え・お
伊古奈比竎(いこなひめ)
伊古麻都比古神(いこまつひこ)
伊古麻都比賣神(いこまつひめ)
伊弉諾尊伊耶那岐命(いざなぎ)
伊弉冉尊、伊耶那美命(いざなみ)
石凝姥命(いしこりどめ)
伊豆山神(いずさんじん):⇒火牟須比(ほのむすひ)、伊弉諾尊(いざなぎ)、伊弉冉尊](いざなみ))
伊須流伎比古(いするぎひこ)
伊勢津彦(いせつひこ):『伊勢国風土記逸文に見える神
五十猛神(いそたける、いたける
市杵嶋姫神(いちきしまひめ):⇒宗像三神
一目連神(いちもくれん):⇒天目一箇神
伊豆那姫命(いづなひめ)
伊豆能売(いづのめ)
稲背脛命(いなせはぎ):天穂日神の子
葦夜神(いや)
五百箇磐石尊(いおついわむら)
磐裂神・根裂神(いはさ・ねさく)
磐筒男神(いはつつのを)
磐筒女神(いはつつのめ)
石土毘古神(いわつちびこ):⇒家宅六神
石巣比売神(いわすびめ):⇒家宅六神
磐長媛命(いわながひめ)
宇迦之御魂神(うかのみたま)
鵜葺屋葺不合命(うがやふきあえず)
保食神(うけもち)
宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢ)
蛤貝比売、宇武賀比売命(うむぎひめ、うむかひめ):⇒蛤貝比売・蚶貝比売
表筒男命(うわつつのお):⇒住吉三神
宇比邇神須比智邇神(うひぢに・すひぢに)
榎本神(えのもと)
淡海之柴野入杵(おうみのしばぬいりき)
大麻比古命(おおあさひこ)
意富斗能地神大斗乃弁神(おおとのぢ・おおとのべ)
大雷(おおいかづち、おほいかつち):⇒八雷神
意富加牟豆美命(おおかむづみ)
大口真神(おおぐちまがみ)
大国主命(おおくにぬし)
大事忍男神(おおごとおしお)
綿津見神(おおわたつみ):⇒ワタツ
大気津姫神(おおげつひめ)
大年神(おおとし):⇒年神
大戸日別神(おおとひわけ):⇒家宅六神
大直毘神(おおなおび):⇒直毘神
大己貴神(おおなむち):⇒大国主
大日孁貴神(おおひるめ):⇒天照大御神
大禍津日神(おおまがつひ):⇒禍津日神
大宮能売神(おおみやのめ):⇒八神殿
大物忌神(おおものいみ)
大物主神(おおものぬし)
大屋都比賣神(おおやつひめ):⇒大屋都姫・都麻津姫
大屋毘古神(おおやびこ):⇒家宅六神五十猛神
大山咋神(おおやまくい)
大山祇神(おおやまつみ)
淤加美神(おかみ)
奥疎神(おきさかる)
奥津甲斐弁羅神(おきつかいべら)
奥津那藝佐毘古神(おきつなぎさひこ)
奥山津見神(おくやまつみ)
思金神(おもいかね)
淤母陀琉神阿夜訶志古泥神(おもだる・あやかしこね)
か行
軻遇突智(かぐつち)
風木津別之忍男神(かざけつわけのおしお):⇒家宅六神
春日神(かすが)
家宅六神(かたくろくしん)
金屋子神(かなやこ)
金山彦神(かなやまひこ)
金山姫神(かなやまひめ)
神大市姫神(かみおおいちひめ)
神直毘神(かみなおび):⇒直毘神
神皇産霊神(かみむすび)
賀茂建角身神(かもたけつぬみ):⇒八咫烏
賀茂玉依姫かもたまよりひめ):⇒玉依姫
迦毛大御神(かも):⇒阿遅鉏高日子根神
賀茂別雷神(かもわけいかづち)
加夜奈留美、賀夜奈流美(かやなるみ)
韓神(から)
鹿屋野比売神(萱野姫神)(かやのひめ)
蚶貝比売、枳佐加比売命(きさがいひめ、きさかひめ):⇒蛤貝比売・蚶貝比売
木祖神(きのおや):⇒杉原大神
木俣神(きのまた)
吉備津彦(きびつひこ)
吉備津媛(きびつひめ)
金鵄(きんとび、きんし):⇒八咫烏
久延毘古(くえびこ)
久久能智神(くくのち)
菊理媛神(くくりひめ)
櫛磐間戸神(くしいわまど)
櫛玉命(くしたまのみこと):⇒饒速日命
櫛名田姫神(くしなだひめ)
櫛真智命(くしまち)
九頭龍大神(くずりゅう)
国之闇戸神 (くにのくらと)
国之狭霧神 (くにのさぎり)
国之狭土神 (くにのさつち)
国之常立神(くにのとこたち)
国之水分神 (くにのみくまり):⇒水分神
熊野速玉男神(くまのはやたまのお):熊野速玉大社
熊野牟須美神(くまのふすみ):熊野那智大社
熊野久須毘命(くまのくすび)
闇淤加美神闇龗神(くらおかみ)
闇御津羽神(くらみつは)
闇山津見神(くらやまつみ)
黒雷(くろいかづち、くろいかつち):⇒八雷神
家都御子神(けつみこ):熊野本宮大社
苔牟須売神(こけむすめ)
巨勢姫明神、巨勢祝(こせのひめ、こせのほおり、こせのはふり)
事解之男神(ことさかのお)
事代主神(ことしろぬし)
木花咲耶姫神(このはなさくやひめ)
木花知流姫神(このはなちるひめ)
さ行
賢彦名神(さかしなひこな)
折雷(さくいかづち、さくいかつち):⇒八雷神
福井神(さくいのかみ)
辟田彦、杉原彦(さくたひこ、すぎはらひこ):⇒杉原大神
辟田姫(さくたひめ):⇒杉原大神
猿田彦(さるたひこ)
佐保姫(さほひめ)
寒川比古命(さむかわひこ)
寒川比女命(さむかわひめ)
塩土老翁(しおつちのおじ)
磯城津彦命(しきつひこ)
思子淵神(しこぶち):⇒七シコブチ
下照姫神(したてるひめ)
志那都比古神(しなつひこ)
級長戸辺命(しなとべ):⇒志那都比古神
白山比竎神(しらやまひめ):⇒菊理媛神
杉原大神(すぎはら)
少彦名神(すくなひこな)
須佐之男命、素盞嗚尊(すさのを):⇒、三貴子
須勢理毘売命(すせりびめ)
住吉三神(すみよし):⇒住吉大神
諏訪大明神須波大明神(すわ)
瀬織津姫命(せおりつひめ)⇒祓戸大神
底筒男命(そこつつのお):⇒住吉三神
ソソウ神:⇒諏訪大神
た行
淤加美神高龗神(たかおかみ)
高皇産霊神(たかみむすび)
高照姫神(たかてるひめ)
湍津姫神(たぎつひめ)
田心姫神(たごりひめ)
健磐龍命(たけいわのたつ)
建葉槌命(たけはづち)
建比良鳥命(たけひらとり)
建御雷之男神 (たけみかづちのお)
武水別神(たけみずわけ)
建御名方神 (たけみなかた):⇒諏訪(須波)大神
建御名方富命彦別神 (たけみなかたとみのみことひこがみわけ)
竜田姫 (たつたひめ)
手力男命 (たぢからお):⇒天手力男命
玉祖命(たまのおや)
玉依姫神(たまよりひめ)
千鹿頭神(ちかと):⇒諏訪大神
撞榊厳魂天疎向津姫命(つきさかきいつみたまあまさかるむかつひめ)
月読命(月読尊、月弓尊、月夜見尊)(つくよみ、つくゆみ、つきよみ):⇒三貴子
角杙神活杙神(つぬぐい・いくぐい)
土雷(つちいかづち、つちいかつち):⇒八雷神
都麻津比賣神(つまつひめ):⇒大屋都姫・都麻津姫
手名稚命、手摩乳命(てなづち):⇒脚摩乳・手摩乳
年神、歳神、大年神、御年神、若年神、大歳神、正月様、恵方様、歳徳神(とし)
豊受比売(とようけひめ)
豊雲野神(とよくもの)
豊玉姫神(とよたまひめ)
豊日別大神(とよひわけ)
な行
ないの神(地震の神)
丹生都姫(にうつひめ)
中筒男命(なかつつのお):⇒住吉三神
泣沢女神(なきさわめ)
鳴雷(なるいかづち、なるいかつち):⇒八雷神
饒速日命(にぎはやひ)
邇邇芸命(ににぎ)
奴奈川姫(ぬなかわひめ)
は行
波自加弥神(はじかみ)
八幡神(はちまん、やはた)
埴安神(はにやす)、埴山姫神(はにやまひめ)
祓戸大神(はらえど)
早池峰大神(はやちね)
比佐津媛(ひさつひめ)
一言主神(ひとことぬし)
火之迦具土神(ひのかぐつち):⇒軻遇突智
比売大神(姫大神)(ひめ)
蛭子神(ひるこ)
伏雷(ふすいかづち、ふすいかつち):⇒八雷神
経津主神、布都努志命(ふつぬし)
布刀玉命、太玉命(ふとだま)
火遠理命(ほおり)
火須勢理命(ほすせり)
火照命(ほでり)
火雷大神(ほのいかづち):⇒八雷神
火牟須比・火産霊(ほむすび):⇒軻遇突智
ま行
御食津神(みけつ):⇒八神殿
三島神(みしま)
溝咋姫神(みぞくいひめ)
道俣神(みちまた):⇒岐の神
罔象女神(みづはのめ)
御年神(みとし):⇒年神
水内神(みのち)
水光姫(みひかりひめ)
武塔神(むとう)
や行
八重事代主神(やえことしろぬし):⇒事代主
矢川枝姫命(やがわえひめ)
八雷神(やくさのいかつち)
八坂刀売神(やさかとめ)
八十禍津日神(やそまがつひ):⇒禍津日神
八咫烏(やたがらす)
八束水臣津野命(やつかみずおみつぬ):⇒国引き神話
倭大国魂神(やまとおおくにたま)
山彦、山幸彦(やまひこ、やまさちひこ):⇒火遠理命
八意思兼神(やごころおもいかね):⇒思兼神
ら行・わ行
若雷(わかいかづち、わかいかつち):⇒八雷神
若宇加能売神(わかうかのめ)
稚日女尊(わかひるめ)
和加布都努志能命(わかふつぬし)
稚産霊(わくむすび)
別雷大神(わけいかづち、わけいかつち):⇒賀茂別雷命
陰陽道道教)の神
黄幡神(王番神、おうばん):⇒八将神
河伯(かはく)
関聖帝君(かんせいていくん):⇒関帝
玄武(げんぶ):⇒四神、十二天将
騰蛇(とうだ):⇒十二天将
六合(りくごう):⇒十二天将
天空(てんくう):⇒十二天将
天后(てんこう):⇒十二天将
大裳(たいも・たいじょう):⇒十二天将
勾陣(こうじん):⇒十二天将
金神(こんじん)
歳刑神(さいけい、さいぎょう):⇒八将神
歳殺神(さいさつ、さいせつ):⇒八将神
歳破神(さいは):⇒八将神
十二天将(じゅうにてんしょう)
寿老人(じゅろうじん)⇒七福神
神農(しんのう)
朱雀(すざく)⇒四神、十二天将
青龍(せいりゅう)⇒四神、五竜十二天将
鍾馗(しょうき)
青面金剛(しょうめんこんごう)
太陰神(たいおん):⇒八将神十二天将
大金神(だいこんじん)
太歳神(たいさい):⇒八将神
大将軍(だいしょうぐん):⇒八将神
天一神(てんいち、てんいつ):⇒十二天将、中神、方位神
歳徳神(としとく)
白竜(はくりゅう)⇒五竜
赤竜(せきりゅう)⇒五竜
黒竜(こくりゅう)⇒五竜
黄竜(こうりゅう)⇒五竜
八将神(はっしょうじん)
姫金神(ひめこんじん)
白虎(びゃっこ)⇒四神、十二天将
豹尾神(ひょうび):⇒八将神
風神(ふうじん)
福禄寿(ふくろくじゅ)⇒七福神
方位神(ほうい):⇒方角神
巡金神(めぐりこんじん):⇒金神
雷神(らいじん)
民俗信仰の神
アラハバキ神(荒脛神)
淡島明神(あわしま)
石神(いし):⇒磐座・神体、(しゃくじん・しゃくじ):⇒道祖神
犬神(いぬがみ)
宇賀神(うがじん)
姥神(うばがみ)
浦島太郎(水江浦島子)
うわばみ
胞衣神(えながみ):後産の神
えびす(戎、夷、胡、恵比寿、恵比須、蛭子)
鬼(おに)
おしら様
蚕神
河童(かっぱ)
座敷小僧(ざしきこぞう)
座敷童子ざしきわらし
シーサー
志多羅神(しだらがみ)
七福神(しちふくじん)
辰子姫(たつこひめ)
付喪神九十九神)(つくもがみ)
天狗(てんぐ)
天道(てんとう)
天女(てんにょ)
天白神(てんぱく)
道祖神(どうそじん)
ビリケン
貧乏神(びんぼうがみ)
船霊(ふなだま)
疱瘡神(ほうそう)
ミシャグジ(みしゃぐじ様)※別称、別表記は数百種あるため割愛
洩矢神(もりや、もれや)屋敷神(やしきがみ)
疫病神(やくびょうがみ)
夜刀神(やとの)
屋根神(やね)
主な人神、現人神
日本人
青木昆陽
足鏡別王(あしかがみわけのみこ)
安倍晴明
天押帯日子命(あめのおしたらしひこ):⇒天足彦国押人命
在原業平
安徳天皇:⇒水天宮
安閑天皇
五十鈴姫神(いすずひめ)
磐鹿六雁命(いわかむつかり)
上杉謙信
応神天皇:⇒八幡神
大石良雄ほか赤穂浪士
大江元就(毛利元就
太安万侶多坐弥志理都比古神社
織田信長
弟橘媛(乙橘媛、おとたちばなひめ)
小野道風
小野篁
間宮林蔵最上徳内松浦武四郎開拓神社の諸祭神
柿本人麻呂
桓武天皇
菊池武時
菊池武重
北畠親房
北畠顕家
楠木正成(大楠公
楠木正行(小楠公
栗林忠道ほか硫黄島守備隊
継体天皇
児玉源太郎
坂上苅田麻呂苅田比古)
坂上苅田麻呂の后(苅田比売)
坂上田村麻呂
高望王
西郷隆盛
西郷従道
佐伯鞍職
坂本龍馬
佐倉惣五郎
三条實美
相馬師常
早良親王(祟道天皇)
四条山蔭中納言藤原政朝
聖徳太子聖徳太子神社
大国豊知主命(島津義久
精矛厳健雄命島津義弘
島津斉彬
昭和天皇
神功皇后:⇒住吉神、八幡神
神武天皇:(神倭伊波礼琵古命神日本磐余彦尊・かむやまといわれひこ)
崇徳天皇
菅原道真(天満神、天神、菅原道真):⇒火雷大神
仙台四郎
大正天皇
平将門
建稲種命(たけいなだね)
高津姫
高杉晋作
武田信玄
田道間守(たぢまもり)
橘周太
梅岳霊神(立花道雪
松陰霊神(立花宗茂
瑞玉霊神(立花裎千代)
武振彦命(伊達政宗
東郷平八郎
徳川家康
高譲味道根之命(徳川光圀
豊臣秀吉豊臣秀吉
中山忠光
鍋島直正
新田義貞
二宮尊徳
乃木希典
仁康親王:⇒雨夜尊(あめや)
稗田阿礼(ひえだのあれ):賣太神社・稗田神社
平田篤胤
広瀬武夫
藤原鎌足
藤原秀郷
藤原時平
藤原師賢
前田利家
松平慶永
水戸光圀
聡敏大明神(水野勝成
源満仲
源義家
源頼光
源頼朝
明治天皇
昭憲皇太后
毛利敬親
和気清麿
和気広蟲
山内豊信
日本武尊
倭姫(やまとひめ)
結城宗宏
吉田松蔭
靖国神社に祀られる軍人・軍属を主とする246万6532柱(2004年10月17日現在)の英霊
軍神
六芸神(ろくげい)
外国人
高麗若光
鄭成功
蒋介石(愛知県幸田町中正神社)
林浄因
ジョン・キャンベル(靖国神社) :⇒常陸丸事件
ロベルト・コッホ(北里神社)
琉球の神
天帝
あまみく(阿摩美久)、あまみきよ、しねりきよ、あーまんちゅ
あーまん
キンマモン
アイヌのカムイ
カムイは、アイヌ語で神格を有する高位の霊的存在である。
コタンカラカムイ
コタンコロカムイ(カムイチカプ)
フリ
パヨカカムイ
アペフチカムイ(火の神様)
キムンカムイ(山の神様;一般的にヒグマを指す。キンカムイとも。)
ウェンカムイ(悪の神様;一般的に人間を襲うヒグマを指す。キムンカムイが変化したもの。)
レプンカムイ(沖の神様;一般的にシャチを指す。)
オキクルミ(オキキリムイ)
新宗教/その他の神
教派神道
天地金乃神(てんちかねのかみ)- 金光教
艮の金神(うしとらのこんじん)- 大本教
諸派
天理王命(てんりおう)=親神(おやがみ)- 天理教
大光明主神(みろくおおみかみ)- 世界救世教系諸教団の多く
御親元主真光大御神(みおやもとすまひかりおおみかみ)- 真光系諸教団の大部分
日本の神に付随する用語集
荒神(あらかみ、あらがみ、こうじん)
市神(いち):⇒神大市姫神大宮能売神・市杵嶋姫神など
井戸神(いどがみ):⇒木俣神・水神
稲荷神(いなり)
氏神(うじがみ)
厩神(うまやがみ)
海の神:⇒海神(わたつみ、うながみ、かいじん)
陰陽道(おんみょうどう)
竃神(かまど)
御霊信仰(ごりょうしんこう)
古神道(こしんとう):ここでは外来宗教が入る前の原始神道を差す。
別天つ神(ことあまつ)
金精神(こんせい)
地主神(じぬしの、ぢぬしの)
神代七代(じんだいしちだい、かみよななよ)
水神(すい)
造化三神(ぞうかさんしん)⇒別天つ神
祖神:⇒氏神(そしん)
祖霊信仰(それいしんこう)
祟り神(たたり)
田の神(た)
岐の神 (ちまた)
鎮守神 (ちんじゅ)
天神様(てんじんさま)
道教(どうきょう) 
独神(ひとりがみ)
人神(ひとがみ)
仏神(ぶっしん):⇒仏の一覧
御子神(みこ)
ミサキ神:⇒八咫烏
三種の神器(みくさのかむだから、さんしゅのじんぎ)
御酒殿神(みさかどののかみ)
三貴子(みはしらのうずのみこと)
四至神(みやのめぐり)
民間信仰(みんかんしんこう)
宗像三神(むなかた)
厄神(やく)
屋敷神(やしき)
屋根神(やね)
山の神(やまの)
ヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智、八俣遠呂知)
龍神(りゅう、たつ):⇒竜
関連項目
神の一覧
仏の一覧

神道
ポータル神道 - ウィキプロジェクト神道
基礎 神道 - 日本神話 - 神 - 日本の神の一覧
資料 古事記 - 日本書紀 - 風土記 - 古語拾遺
神社 神社 - 神社一覧 - 式内社 - 一宮 - 近代社格制度 - 別表神社 - 神社本庁
祭祀と祭礼 祭 - 神楽 - 祝詞 - 大祓詞
関連用語 神道用語一覧
神仏習合 - 山岳信仰 - 民俗学 - 国学 - 国家神道 - 教派神道

カテゴリ: 日本の神日本関連一覧宗教関連の一覧

 最終更新 2014年3月25日 (火) 06:15 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。))))))