AKMN369’s diary

岡田啓介第31代内閣総理大臣の現実。富山県氷見郡余川村。

IT結婚

IT結婚

Yahoo!ニュース - 大江アナ結婚 動揺のファンも(2014年9月16日(火)掲載)

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6131445

大江アナ結婚 動揺のファンも2014年9月16日(火) 20時23分掲載 .

 大江麻理子アナが結婚……ファンに衝撃「大江アナ結婚かあ…」

 テレビ東京大江麻理子アナウンサーが16日、マネックスグループ代表取締役社長の松本大氏との結婚を発表し、大江ファンの間に大きな衝撃が広がっている。(RBB TODAY)

 [記事全文]

 出水麻衣高橋真麻

 大江健三郎大江光太田光

 (※私の認識に於いては、私の甥・妹の第一子・長男の現実で有る私の一人目の後輩英語科教諭が、私の高校時の英語の先生に担任したと。私の英語科教諭成立と。森喜朗が建国したIT日本国に於いて。それまでは、大江健三郎大江光太田光、即ち、K県立Hろう学校高等部英語科教諭の平成三年度の臨任の担任しか無かったのでしたが。ブラジル。サッカー部顧問。大沢あかね劇団ひとり高橋みなみ。)

 ※スマホでは、結婚出来ない。しかし、ニューヨーク支局赴任帰りなので、IT結婚が出来たと。紙、熱ではなくて、IT、音の結婚。多分、黒人のバラク・オバマ米国大統領を、ニューヨーク支局赴任で背負ったと。微妙ですが、日本人のプロジェクトXが、黒人を背負ったと。久保純子膳場貴子。黄人の日本人は、黒人を背負わない。しかし、プロジェクトX久保純子膳場貴子で、黒人を、ITの地位で、背負ったと私は、受け止めました、二人の結婚を。

 日本国のサッカーは、コートジボワールに勝てなかった。だから、安倍晋三が降格して、前自民党総裁谷垣禎一が、幹事長に成った。前自民党幹事長石破茂も、地方創生大臣に成った。この時、安倍晋三石破茂との闘いが有った。安倍晋三は、石破茂を犯そうとし尽くした。これ、上司の普通。しかし、石破茂は、部下をやり通せたので、犯されないで、済んだと。あたりまえの事だが。
 もし、万が一、安倍晋三が、妻・安倍昭恵の現実で有る幹事長石破茂を犯していたら、即座に、平成天皇死刑だった。それをやったのは、勿論、平成天皇だから。即ち、バラク・オバマ米国大統領だから。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 地獄魔界の地下凍結霊界の夜王・アラー・悪魔は、勿論、妻・安倍昭恵の現実で有る幹事長石破茂を犯す事は出来ない。悪魔だから、騙す事しか出来ない。フジテレビ&TBS&テレビ朝日は、石破茂を欺こうとした。悪魔・アラーに魂を売り渡していた。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 しかし、池上彰は、まともだったようです。だから、朝日新聞が、担任したと。朝日新聞の悪魔が、新聞紙面上は、女・独裁者を止めたと。上司は、皆、女・独裁者しかやっていない。一方的に、部下を犯し尽くし続けているだけ。これが、上司。しかし、池上彰が、おそらく、初めて、女・独裁者で有る上司に、一矢を報いる事が出来た。おそらく、人類史上初めて。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 これ程、池上彰氏がやれた事は、稀有な事と。女・独裁者で有る上司は、一方的に部下を犯し続けているだけだから。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 これが、安倍晋三と、金正恩との非公式外交と。北朝鮮は、国連加盟国ではないから、公式外交は、勿論、無い。魔神界十段織田信長の現実で有る安倍昭恵と、安倍晋三が、夫婦に成るまで、サタン・雄・北朝鮮は、日本国を認めないであろう。夫婦に成って、魔聖天界王の座で有る東條英機首相を背負うまで、安倍晋三・平成天皇・米国を、勿論、北朝鮮は認めない。
 私にとっては、たかが、北朝鮮三浦市。それから先の道のりは永い。
 しかし、安倍晋三・平成天皇・米国にとっては、これすら、やる気が全く無い。これでは、神が、全く認めるわけが無い。というのが、地球人類への現状分析でした。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

五井昌久
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
白光真宏会から転送)
 五井 昌久(ごい まさひさ、1916年(大正5年)11月22日 - 1980年(昭和55年)8月17日)は、日本の宗教家。宗教法人白光真宏会(びゃっこうしんこうかい)の開祖。祈りによる世界平和運動を提唱した。

 1950年(昭和25年)7月、結婚。子供はもうけなかった。※結婚した方々は、修行者ではない。在家と。童貞なのに、統合失調症精神障害者一級にまで、天皇・日本国・神奈川県・三浦市藤沢市に犯されて、障害年金生活の在宅患者に貶められた私とは違うと。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。勿論、これをやった天皇・日本国・神奈川県・三浦市藤沢市は、ITに成った、紙、熱の世界を、永久に失った。生物の世界を永久に失った。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。これが、米欧英。イスラム空爆、狂っている。自衛、自国防衛ではない戦争、狂っている。生き物を永久に失った存在。生き物は、カルマの法則に従わさせられ続けているので、自衛でも出来る限り、攻撃はしない。相手の上の地位はしない。絶対に、下の地位しかやらない。攻撃のカルマ・業が自分に返って来ない事しかやらない。それだけの智慧を持っている。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。これが生き物。

西園寺昌美
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 西園寺昌美(さいおんじ まさみ、1941年(昭和16年) - )は、宗教家、白光真宏会第二代会長。旧姓名、尚 悦子。

 男爵・尚順琉球王家分家)の次男尚誠の長女として生まれ、1971年(昭和46年)に五井昌久の養女となり、五井昌美と改名。さらに1974年(昭和49年)10月18日、西園寺不二男次男の西園寺裕夫との結婚に伴い、西園寺姓となる。五井昌久が1980年(昭和55年)に没すると、白光真宏会会長に就任。非政治・非宗教のニュートラルな平和活動を推進する目的で設立されたと称する“ワールドピースプレヤーソサエティ”代表として、世界平和運動を国内はもとより広く海外に展開している(自称)。1999年(平成11年)財団法人五井平和財団設立にともない会長に就任。

西園寺不二男
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
 西園寺 不二男(さいおんじ ふじお、1910年11月26日 - 1986年5月31日)は、西園寺家の第37代当主。

人物
 1910年、東京府にて宮内省の官僚西園寺八郎の三男として誕生。兄公一がゾルゲ事件連座して廃嫡されたことによって新たに西園寺家の相続人となったが、1946年の父八郎の死去後、襲爵手続きは行わなかった。

 第二次世界大戦後は、日本銀行資金局復興金融課長等を務め[1]、日産興業社長などの要職を歴任した。

 母方の祖父に元老西園寺公望がいる。

 妻は日産コンツェルン総裁の鮎川義介の長女・春子、子に西園寺公友、西園寺祥子、西園寺裕夫がいる。

西園寺公望
出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』
日本の政治家
西園寺 公望
大勲位菊花章頸飾を佩用した西園寺(1928年〔昭和3年〕)
生年月日 1849年12月7日
(旧暦嘉永2年10月23日)
出生地 山城国京都
没年月日 1940年11月24日(満90歳没)
死没地 静岡県庵原郡興津町
出身校 ソルボンヌ大学
所属政党 立憲政友会
称号 贈従一位
大勲位菊花章頸飾
公爵
親族 徳大寺実則(兄)
加藤泰秋(義兄)
相良頼基(義兄)
相良頼紹(義弟)
西園寺八郎(婿養子)
高千穂宣麿(甥)
鷹司煕通(義甥)
島津忠重(義甥)
西園寺一晃(曾孫)
サイン

第14代 内閣総理大臣
内閣 第2次西園寺内閣
任期 1911年8月30日 - 1912年12月21日
天皇 明治天皇
大正天皇 1912年7月30日 - 1926年12月25日

第12代 内閣総理大臣
内閣 第1次西園寺内閣
任期 1906年1月7日 - 1908年7月14日
天皇 明治天皇

第10代 文部大臣
内閣 第3次伊藤内閣
任期 1898年1月12日 - 4月30日

第9-10代 外務大臣
内閣 第2次伊藤内閣(文相兼任)
第2次松方内閣(文相兼任)
任期 1896年5月30日 - 9月22日

第7代 文部大臣
内閣 第2次伊藤内閣
第2次松方内閣
任期 1894年10月3日 - 1896年9月28日

その他の職歴
貴族院議員
(1890年2月 - 1940年11月24日)
第2代 新潟府知事
(1868年10月28日 - 1869年2月20日

 1871年1880年、パリ留学時代西園寺 公望(さいおんじ きんもち、嘉永2年10月23日(1849年12月7日) - 昭和15年(1940年)11月24日)は、日本の公家、政治家、教育者。位階・勲等・爵位は贈従一位大勲位公爵。雅号は陶庵、不読、竹軒[1]。

 新潟府知事などを経て、貴族院議員(貴族院侯爵議員、のちに貴族院公爵議員)を務め、貴族院副議長に就任した。第2次伊藤内閣にて文部大臣として初入閣し外務大臣を兼任、その後成立した第2次松方内閣でも引き続き文部大臣と外務大臣を務めた。第3次伊藤内閣でも文部大臣として入閣した。第4次伊藤内閣では班列として入閣し、内閣総理大臣伊藤博文の病気療養中は内閣総理大臣臨時代理を務め、のちに伊藤が単独辞任すると内閣総理大臣臨時兼任を務めた。

 その後、伊藤博文の後継として立憲政友会の総裁に就任した。桂太郎の後任として内閣総理大臣に任じられ、第1次西園寺内閣、第2次西園寺内閣を組閣した。なお、第1次西園寺内閣では、文部大臣臨時兼任や外務大臣臨時兼任なども務めている。西園寺と桂とが交互に政権を担当したことから、この時代は「桂園時代」と称された。大正13年1924年)に松方正義が死去した後は、「最後の元老」として大正天皇昭和天皇を輔弼した。

 以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 私は、平成十八年八月三十一日に、蛇天皇−蛇小泉純一郎−蛇松沢成文−蛇山本捷雄−蛇富永元&神奈川県立精神医療センター木村逸雄医師(その本体は森喜朗)&神奈川県精神保健福祉センター医師桑原寛医師(その本体は小泉純一郎)&神奈川県教育委員会指導主事&藤沢市教育委員会T課長&KN女校長によって、
 当時、四十四歳の
 童貞の
 昭和六十二年度神奈川県立Y高等学校臨時理科実習助手
 昭和六十三年度神奈川県立A高等学校臨時理科実習助手
 平成三年度神奈川県立Hろう学校臨時高等部英語科教諭&
 平成四年度〜平成六年度三浦市立四中学校教諭&
 平成七年度〜平成十四年度神奈川県立藤沢市立T中学校教諭&
 平成十五年度〜平成十八年度日本国立神奈川県立藤沢市立F中学校教諭を、
 分限免職に等しい辞職で、社会的に葬られました。
 以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。
 以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。
 以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。
 以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 昭和六十二年度神奈川県立Y高等学校臨時理科実習助手&昭和六十三年度神奈川県立A高等学校臨時理科実習助手&平成三年度神奈川県立Hろう学校臨時高等部英語科教諭&平成四年度〜平成六年度神奈川県三浦市立K中学校教諭&平成七年度〜平成十四年度神奈川県藤沢市立T中学校教諭&平成十五年度〜平成十八年度神奈川県藤沢市立F中学校教諭

 アルバイト代 産経新聞二宮販売所・毎日新聞二宮専売所・大磯ロングビーチ OISO・茅ヶ崎のチョコレート工場・二宮町(交通調査・選挙受付・国勢調査員)。

 昭和六十二年度神奈川県立Y高等学校臨時理科実習助手
 昭和62年度 913,891圓。
 昭和63年度 2,987,173圓。
 昭和六十三年度神奈川県立A高等学校臨時理科実習助手
 昭和64年度 624,600圓。
 平成三年度神奈川県立Hろう学校臨時高等部英語科教諭
 平成3年度 3,752,856圓。
 平成4年度 4,767,247圓。
 平成四年度〜平成六年度三浦市立四中学校教諭
 平成5年度 4,967,598圓。
 平成6年度 5,182,592圓。
 平成7年度 5,402,437圓。
 平成七年度〜平成十四年度神奈川県立藤沢市立T中学校教諭
 平成8年度 5,812,800圓。
 平成9年度 6,213,771圓。
 平成10年度 6,509,306圓。
 平成11年度 6,924,182圓。
 平成12年度 7,294,273圓。
 平成13年度 7,542,752圓。
 平成14年度 7,835,895圓。
 平成15年度 7,709,681圓。
 平成十五年度〜平成十八年度日本国立神奈川県立藤沢市立F中学校教諭
 平成16年度 4,757,778圓。
 退職手当 4,577,186圓。

   総額 93,776,018圓。

障害年金

 障害共済年金(公務外)
 年月日 金額。
 平成19年02月22日 26万7479円。平成19年04月13日 17万8316円。平成19年06月15日 17万8316円。平成19年08月15日 17万8316円。平成19年10月15日 17万8316円。平成19年12月14日 17万8316円。平成20年02月15日 17万8320円。平成20年04月15日 17万8316円。平成20年06月13日 17万8316円。平成20年08月15日 26万7450円。平成20年10月15日 22万2883円。平成20年12月15日 22万2883円。平成21年 2月13日 22万2885円。平成21年 4月15日 22万2883円。平成21年 6月15日 22万2883円。平成21年 8月14日 22万2883円。平成21年10月15日 22万2883円。平成21年12月15日 22万2883円。平成22年 2月15日 22万2885円。平成22年 4月15日 22万2883円。平成22年 6月15日 22万2883円。平成22年 8月13日 22万2883円。平成22年10月15日 22万2883円。平成22年12月15日 22万2883円。平成23年02月15日 22万2885円。平成23年04月15日 22万2883円。平成23年06月15日 22万1983円。平成23年08月15日 22万1983円。平成23年10月14日 22万1983円。平成23年12月15日 22万1983円。平成24年02月15日 22万1985円。平成24年04月13日 22万1983円。平成24年06月15日 22万1300円。平成24年08月15日 22万1300円。平成24年10月15日 22万1300円。平成24年12月14日 22万1300円。平成25年02月15日 22万1300円。平成25年04月15日 22万1300円。平成25年06月14日 22万1300円。平成25年08月15日 22万1300円。平成25年10月15日 22万1300円。総額 885万1195円。

平成25年12月13日 21万9033円。平成26年02月14日 21万9035円。平成26年04月15日 21万9033円。平成26年06月13日 21万7450円。

 障害基礎年金
 年月日 金額。
 平成19年04月13日 33万0041円。平成19年06月15日 13万2016円。平成19年08月15日 13万2016円。平成19年10月15日 13万2016円。平成19年12月14日 13万2016円。平成20年02月15日 13万2016円。平成20年04月15日 13万2016円。平成20年06月13日 13万2016円。平成20年08月15日 19万8016円。平成20年10月15日 16万5016円。平成20年12月15日 16万5016円。平成21年 2月13日 16万5016円。平成21年 4月15日 16万5016円。平成21年 6月15日 16万5016円。平成21年 8月14日 16万5016円。平成21年10月15日 16万5016円。平成21年12月15日 16万5016円。平成22年 2月15日 16万5016円。平成22年 4月15日 16万5016円。平成22年 6月15日 16万5016円。平成22年 8月13日 16万5016円。平成22年10月15日 16万5016円。平成22年12月15日 16万5016円。平成23年02月15日 16万5016円。平成23年04月15日 16万5016円。平成23年06月15日 16万4350円。平成23年08月15日 16万4350円。平成23年10月14日 16万4350円。平成23年12月15日 16万4350円。平成24年02月15日 16万4350円。平成24年04月13日 16万4350円。平成24年06月15日 16万3850円。平成24年08月15日 16万3850円。平成24年10月15日 16万3850円。平成24年12月14日 16万3850円。平成25年02月15日 16万3850円。平成25年04月15日 16万3850円。平成25年06月14日 16万3850円。平成25年08月15日 16万3850円。平成25年10月15日 16万3850円。総額 655万3175円。

平成25年12月13日 16万2183円。平成26年02月14日 16万2183円。平成26年04月15日 16万2183円。平成26年06月13日 16万1000円。

 総額 1540万4370円+21万9033円+21万9035円+21万9033円+21万7450円+16万2183円+16万2183円+16万2183円+16万1000円。

 昭和63年度 厚生年金。
 平成1&2年度 国民年金
 平成3年度 厚生年金。
 平成4〜17年度 共済年金(公立学校共済組合)。
平成18年4〜8月 共済年金(公立学校共済組合)。
 平成18年9月〜 国民年金。(平成20年12月〜 保険料全額免除。)

傷病手当金傷病手当金附加金

年月日 金額。
平成16年11月16日 4万2888円。平成16年12月16日 30万0216円。平成17年01月17日 31万4512円。平成17年02月16日 32万8808円。平成17年03月16日 30万0216円。平成17年05月16日 61万4728円。平成17年06月16日 30万6432円。平成17年07月15日 32万1024円。平成17年08月16日 32万1024円。平成17年09月16日 30万6432円。平成17年10月17日 33万5616円。平成17年11月16日 32万1024円。平成17年12月16日 30万6432円。平成18年01月16日 32万1024円。平成18年02月16日 32万1024円。平成18年03月16日 31万9968円。平成18年06月16日 91万6272円。平成18年07月14日 33万4512円。平成18年08月16日 31万9968円。平成18年09月15日 30万5424円。平成18年10月16日 33万4512円。総額 729万2056円。